受験対策膀胱炎

中学生の頃の膀胱炎の体験談

「膀胱炎」になった事があります。

 

ちょうど中学校のトイレが故障していて使えなかったので、
トイレを1日中我慢していたのが原因だったと思います。
当時はまだ中学生だったので、「膀胱炎」という言葉も知らず、
トイレの我慢のしすぎが体に悪く、
「膀胱炎」になるという事も、よく知りませんでした。

 

また、「膀胱炎」になった後は、
身体的に痛くてトイレが近くなるのですが、
それを精神的なものと思い込み、
受験などの精神的ストレスが原因かと勘違いし、
間違った対処方法で乗り切ろうとしてしまいました。

 

このため、「膀胱炎」が治るのは、
2〜3年かかり、
その後も、「人よりもトイレが近い」という症状が長く続きました。

 

まずは、高校受験が大変で、
1科目中に2度トイレに行く事になりました。
原因が精神的なものと思っていたので、
当時の中学生の自分は、かなり焦りました。
また、「1科目中に2度もトイレに行くのはおかしい」という事で、
強制的に保健室で受検する事になりました。

 

 

体調不良の他に、
カンニングなどが疑われたのだと思いますが、
そもそも、自分の症状が「膀胱炎」という認識がなかったので、
自分も上手く説明する事ができず、
言われるがまま保険室にて、受検を行いました。膀胱炎血尿
幸い、そんな逆境の中でも志望高には合格する事ができました。

 

その後も、症状は続き、
高校1年生の頃も、同じような症状が続き、
この頃は40分くらいしかトイレを我慢できなかったので、
どうしても授業中にトイレに抜ける事になってしまい、
周囲の先生、クラスメートに無駄な心配をかけてしまい、
大変申し訳なかったと思っています。

 

 

また、高校の通学も、
片道40分の自転車通学だったのですが、
この間も我慢ができないため、
トイレを借りれる建物の位置を把握して、
通学する必要がありました。
特に街中だと、意外とトイレを借りれる店が少なく、
結構、大変な思いをしました。

 

 

色々と大変でしたが、
自分の場合、「膀胱炎」は、
数年間かけて徐々に治っていきました。
かなり大変な体験だったので、
読者の皆さんも
「トイレの我慢のしすぎ」だけは、ご注意ください。

整体治療